2010年07月18日

ブログタイトルの変更について

いつも大変お世話になっております。
ブログのタイトルを
『VEGEやんの菜食文化研究会!』に変更いたしました。

世界各地にはそれぞれ菜食文化が伝わっています。
和食・精進料理・素食・マクロビオティックなど、
最近はローフード、ナチュラル・ハイジーンも注目されています。

中国・インド・台湾・日本・USA・アラブ・ヨーロッパまで
人が住んでいればそれぞれに特色のある食生活があります。

あるいは体質から、宗教や思想から菜食を始める人も多いですが
最近は、健康を害して食餌療法としての菜食に取り組む人も大勢います。

インドでは国民の31%が、台湾では10%、イギリスでは9%、
スウェーデン6%、アメリカでは2.5%がベジタリアンだそうです。

狂牛病・口蹄疫の流行や食肉中の残留薬剤への不安から
肉食を止めて菜食に変えた人々も特に欧米に増加中です。

ゲルソン療法・石原式人参ジュース・少食・粗食や素食、など
単なる体重を減らすためではない食生活そのものの見直しです。
できれば多くのものを試して、そのおおまかな枠組みや基本を
提示して、それぞれの人がそれぞれの目的で
自分にあった食文化を楽しむためにこのHPが役立つように
レシピを中心に記事やデータを集積して行きます。

食に関することがらについてますます興味が広がってきたため、
レシピを中心に広義の菜食に関する情報を公開するサイトに変更いたします。
 
菜食とひとことでいってもさまざまなバリエーションがあります。
厳格な野菜と穀物のみの菜食(ヴィーガン)から
46度以上の加熱処理をしないローフード、
卵・乳製品はよしとするレベル(ラクト・オボ・ベジタリアン)だけでなく
魚まで食べるレベルまで(ダイエタリー・ヴィーガン)かばーします。

厳密にいえばベジタリアンとはいえないかもしれませんが、いいじゃない。
台湾だって月2回だけ菜食にする人がほとんどなんですから。
できるだけ肉を食べないノンミートイーターのためのHPにいたします。

ダイエットのためでもちょっと不調だからといった理由でもOK。
糖尿病の人、ガンなどの食生活の工夫にも役立つはずです。
気軽に楽しくておいしい菜食を取り入れてください。

どうかこのサイトが少しでも役にたてますように!


よろしくお願いいたします。

2014年3月28日
 
▲「VEGEやんの菜食文化研究会」のトップ▲
posted by VEGEやん at 09:01 | Comment(1) | TrackBack(0) | はじめての方へ>ブログタイトル変更について