Top レシピ>スープ・飲み物 ;>精進出汁の作り方(精進料理)

2010年03月20日

精進出汁の作り方(精進料理)

dasi_syojin.jpg

   お寺でいただく精進料理とてもおいしいですね。
 あれは素材と出しとの賜物なんでしょう。
 今回はその精進出汁の作り方です。

 ◆用意するものは
 昆布 1枚
 大豆 25g
 椎茸 2枚
 水 700ml

  下ごしらえは簡単です。

 昆布に切れ目を入れてよく出汁がでるようにし、

 大豆はフライパンで焦げ目がつくまで煎ります。

 
 すべての材料を水に浸して最低8時間放置すると

 琥珀色の出汁の素ができます。

 一晩置くのが簡単です。

 これをそのまま火に掛けて灰汁をすくいながら

 煮立て、昆布が開いたら出来上がり。

 1度漉すとさらに綺麗な精進出汁になります。
 常温で1日、冷蔵庫で3日は使えます。

 もっと時間がない時は昆布と椎茸を水に入れて火に掛け

 沸騰させてから一旦火を止め冷まします。

 その間に大豆を煎って、それに加えれば


 5〜6時間後から使えます。

 大豆のうまみがしっかり出て水出しの出汁よりぐんと

 コクのある味と深みが味わえます。

 ぜひお試しください!

 
 時間のない時はこのまま60度で15分かけてゆっくり煮ます。
 ほぼ同じ味わいの出汁が取れます。大豆も食べられます。

昆布や大豆は食べもんぢから。さんで買うことができます。おススメです。
▲「VEGEやんの菜食文化研究会」のトップ▲
posted by VEGEやん at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | レシピ>スープ・飲み物
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL


この記事へのトラックバック